Conoha から gmail への転送がエラーになったのです

つい最近まで問題なく届いていたドメインの方からのメールが急に届かなくなり、何度か再送してもらうと届いたり…という不安定な状態に。

メールを送信していた方からエラーログをもらったところ、こんな感じでした。

<?????@gmail.com>: host gmail-smtp-in.l.google.com[???.???.???.???] said:
    550-5.7.26 This message does not have authentication information or fails
    to 550-5.7.26 pass authentication checks. To best protect our users from
    spam, the 550-5.7.26 message has been blocked. Please visit 550-5.7.26
    https://support.google.com/mail/answer/81126#authentication for more 550
    5.7.26 information. ?????? - gsmtp (in reply to end of DATA command)

なるほどよくわからん。
Conoha にこの旨伝えたところ「Google がダメっていってる。詳細は Google へ」とにべもない回答。

万策尽きたー!

万策もなにもこの手の知識は全然なく、初手から躓いたのですが、一応なんとかなったのでその顛末を。
私のような「知識のない人」には役立つかもしれません。

SPF の設定を見直してみる→×ダメ

ググったところ 2022/3 あたりから gmail のセキュリティチェックが強化され、その影響でメールが届かなくなった方がちらほらいるようでした。

色々な対策方法もあるようですが、SPF の書き換えが記事としては多い模様。

おそらくオレンジの箇所がこんな風になっているので、

v=spf1 include:???.???.??? ~all

名称@のAレコード(IP)を使って、次のように書き換えます。

v=spf1 ip4:???.???.???.??? include:???.???.??? ~all

これで上手くいくことを祈りましたが、現実は甘くありませんでした。

Conoha からの転送メール設定をやめる

こんな感じで Conoha から仲介していたのですが、これをやめました。
Conoha の転送設定を全て消し、代わりに gmail 側で以下の設定を行います。

設定後、今まで受信した Conoha のメールがわんさか届きました。

gmail をメールクライアントとして使い、間に余計な信頼チェック(仲介)が入らないせいか、これで受信できるようになりました!

そもそも最初からこちらの設定にしておけばよかったのですが、知識不足でした…。

自分が使っているものは、自分の思い通りに動くものではない

gmail はそもそも無料で使わせてもらっているサービスです…が、強く依存している場合、急に動かない…といったケースは結構悩んでしまいますね。

今回のケースも Conoha ではなく、別のサーバーで試した友人は転送でも問題なく動いていたようでした。理由は Google のみぞ知るとは思うものの、影響力のない、いち個人の言葉など届かないことがほとんどでしょう。これが「無料の怖さ」です。

自己解決が必要な時代において頼りになるのは検索力、辛抱強さ、あきらめないこころ、といったところでしょうか。
今回の記事も役立つ人がいればさいわいです。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA