FontAwesome の使い方 2020

記事の中にちょっとした記号やアイコンを入れると、目がそちらに誘導され、メリハリのある記事を作ることができます

例えばこのように。

爆弾マークは、危険そうなイメージがします。

でも、自分でこのようなアイコンをデザインするのは大変ですし、場合によっては文章の中に のようなアイコンを記述したい場合もあるでしょう。
そういった事を可能にしてくれるのが FontAwesome です。
登録は必要ですが、無料なのでドンドン使いましょう!

登録方法

サイトにアクセスします。

メールが届くので、指示通りに情報を登録していきましょう。
メールアドレスを晒したくなければ、gmail などでダミーアドレスを作ってもいいと思います。
登録完了すると、次のような画面になります。

緑の部分が、貴方の登録コードです。
この登録コードを含めたタグを header.php にコピーしてください。(<head>~</head>の中)

header.php を編集するには?
・Wordpress のメニューより「外観」>「テーマエディター」
・画面右の「テーマファイル」から「テーマヘッダー(header.php)」を選択

もし間違えてコード表示画面を閉じてしまっても、以下から再び確認できます。

使い方

使いたいアイコンを探す

少しページをスクロールし、See the Icons をクリックします。

Free にのみチェックを入れると、無料アイコン一覧が表示されます。(2020/6 時点で 1588 種類)
お好みのアイコンをクリックしてください。

緑色の部分を本文や CSS で使うことになります

記事本文で使う

WordPress5.4 の記事エディタで解説します。基本的に HTML を埋め込むことになるので、Classic エディタなどの方が扱いは楽かもしれません。

アイコンを入れる前に、文章を作っておきます

先ほどのサイト、緑色部分のタグをコピーします。タグの間にスペースをいれます

この時点でアイコンは見えませんが、記事をプレビュー表示すると、アイコンが表示されています。

表示されない場合

CSS で font-family に FontAwesome を追加することで表示されるかもしれません。
以下は例です。

.body
{
  font-family: FontAwesome, [自分の使っているフォント], sans-serif;
}

WordPress のせいか、スキンのせいか、他の理由かはわかりませんが…私の場合、
<i class=”fab fa-accessible-icon”></i>(<>は半角)
オレンジ色部分にスペースがないと、ビジュアル編集に戻った際 </i> が変な場所にとばされたり消えたりして、正しく表示されませんでした。
><の間にスペースを入れ、> <とすることで問題を解決させました。

CSS で使う

CSSでは以下のように4桁16進数を記述します。f00c の部分を、自分で選んだ FontAwesome のコードにします。

content: ‘\f00c’;

この段落のように、左にチェックアイコンを表示するCSSを以下に示します。
スキンによって margin や padding、font-size など調整する必要があります。

.group_check
 {
  font-size: 70%;
  background-color: #f0fff0;
  border: 1px solid #ded;
  position: relative;
  padding: 1em 1em 1em 5em;
  margin: 40px 0px 40px 50px;
}

.group_check::before
 {
  position: absolute;
  top: 0px;
  left: 20px;
  font-family: FontAwesome;
  content: '\f00c';
  color: #c0e8c0;
  font-size: 230%;
}