Google Analytics 4 はまだ移行しなくていいかも? (2022/5/1)

Google Analytics を使っていると、「アナリティクス 4 にしてくださいね」というメールを受け取った事があると思います。

Google から一切アナウンスがない。問題じゃないか、なんて記事を見かけたことがありますが、有効なメールアドレスで登録してあればきちんと連絡が届いていると思います。

2023/7/1 に今の Google Analytics は終わってしまう。だから今のうちに 4 にしておいてほしいという事ですが、果たして今から移行しておいた方がいいのでしょうか?

Analytics にログインすると、画面上部に帯が表示されています。

Let’s go をクリックすると Analytics 4 移行への画面に進みます。

Get Started をクリックすると、ウィザード画面が表示されます。

なにやら英語で書かれていてよくわからないので…機械翻訳してみます。

このウィザードでは Google Analytics 4 のプロパティを作成します。これは、履歴データのない新しいプロパティになります。元のプロパティは何も影響を受けませんのでご安心ください。
ユニバーサルアナリティクスプロパティから基本設定をコピーします。コンバージョン、オーディエンス、イベント、商品リンクなどの追加設定を手動で始めることができます。時間の経過とともに、これらの設定の移行を支援する、より多くのアップグレードツールが利用可能になる予定です。
強化された測定を有効にする。拡張測定が自動的に有効になるため、ページビューよりも深くユーザーの行動とコンテンツの成功を測定できます。個人を特定できる情報(PII)が Google に送信されないことを確認する必要があります。
このウィザードでは、次のことも可能です。
既存のタグを使用してデータ収集を有効にする。ただし、タグのカスタマイズを移行することはできないので、これがデータ収集にどのような影響を与えるかを検討してください。

DeepL

青い部分がポイント。今は Google Analytics の情報を引き継げないが、今後時間が経てばある程度は引き継げるよう対応していく、と書かれています。

なので、Google Analytics でこれらの設定をきちんとしているのであれば移行はもう少し待ってもよさそうです。
反面、特に今まで何も設定せず、View カウンタ程度にしか考えていないライトユーザー(私もそうです)は Google Analytics 4 に切り替えてもいいかもしれませんね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA