[VS Code]PHP Intelephense 有料版を導入してみた

名前のリファクタしたい! したい! 絶対したい!

食う寝る食べるリファクタする、というくらい私は日常的に「名前のリファクタ」をすることが多いです。
最初に考えていた名前が少しずつ機能とずれていったり、そもそも名前がイマイチだな、と後で思ったり…。

accessLog::Log(“abc”) -> accessLog::Write(“abc”)

こういうのがしょうちゅうあるので、VS Code で php 言語のリファクタできる環境がないか探しておりました。

Intelephense という拡張機能がよさげです。(Intellisense ではない。似た名前に注意)

ErrorLog を選択して 右クリック > Find All Referense とするだけで、使っているコードを全て表示してくれます。
ただ、リファクタは有料のようだ…。

意外と安そう

古いサイトの導入例では年間 1000 円とあるので足踏みしていましたが、今は買い切り 1600 円のようでした。
1600 円なら元は取れそうです!

Google翻訳

カードの情報はさすがに入れづらかったので、私は PayPal 経由で購入しました。
購入が完了すると、登録したメールアドレスにライセンスキーが送られてきます。

メールに記載のある通り、コマンドパレット(CTRL + SHIFT + P)を開き、Enter License Key と入力。

enter で出てきた

ライセンスキー入力欄に、メール記載のライセンスキーを入れ、ENTER。
無事完了すると、VS Code 右下に次のような Tips が表示されます。

動作確認

テキストエディタで、先ほどの ErrorLog に合わせて右クリックすると…。

シンボルの名前変更! これですね。

このように変更前のプレビューを行うこともできます(SHIFT + Enter)。素晴らしい。
関数だけでなく、クラスや変数なども勿論リネーム可能です。

動かないんだけど…

拡張機能で PHP Intelephense をインストール(有効化)している必要があります。

また、インストールされていても他の PHP のプラグインと相性が悪く、動かなくなっているのかもしれません(似たような名前の、Intellisense とか)。なるべく使うものだけに絞って整理してみてください。

私がインストールしている PHP 関連は PHP Debug、PHP DocBlocker、PHP Intelephense の3つだけでした。

インストール > 有効化した拡張機能は 拡張機能 > 拡張機能のフィルター(画面上の逆フラスコアイコン)> 有効、を選択すること確認することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA