[Visual Studio]変数の表示位置を合わせる CodeAlignment

CodeAlignment は、こんな風に変数の開始位置や = の表示位置を合わせることができます。

string stringValue = "string value";
int intValue = 0;
float floatValue;

string stringValue = "string value";
int    intValue    = 0;
float  floatValue;

インストール

VS2019 の方法を示します。VS2017以前は「拡張機能」が「ツール」の下にあったかな…?
VS Code も運よければあるのかも。

設定

とりあえずよく使いそうな2つだけ例示します。
慣れてきたり、C# 以外でも桁合わせの要件が出た場合は、その言語に合わせて正規表現を色々と考えてみましょう。

変数の開始位置の合わせ方

変数の開始位置を合わせるには、Align by string を使います。
Use regular expressions にチェックを入れ、次の正規表現を書きます。

([a-zA-Z0-9_]+[\s]+[=]{1}|[a-zA-Z0-9_]+;)

string stringValue = "string value";
int intValue = 0;
float floatValue;
↓
string stringValue = "string value";
int    intValue = 0;
float  floatValue;

正規表現を使えば、他にも色々なパターンの位置合わせができそうです

= の位置の合わせ方

こちらは = ボタンを押すだけで位置を合わせることができます。

string stringValue = "string value";
int intValue = 0;
↓
string stringValue = "string value";
int intValue       = 0;

ショートカットキーの設定

Align by string はデフォルトでショートカットキー (Ctrl +Shift + ;) が設定されていますが、= はありません。
毎回マウスでクリックは面倒なので、これもショートカットキー設定しましょう。
わたしは Ctrl + Shift + : にしましたが、お好みでアレンジしてください。

  • ツール – オプションを選択
  • 環境 – キーボード を選択