[Windows]TurtoiseGit de GitHub(初心者向け)

GitHub いらずで Git を使おう! …で使えるようになったものの、慣れてくると「GitHub を使ってみたい!」と思うようになるかもしれません。

この記事は、以前の記事で Git for windowsTurtoiseGit を入れ、かつ使いこなしている方が対象の記事になります。

GitHub のメリット

外からアクセスすることができる

GitHub いらずの方法でも厳密には可能ですが、お手軽にカフェで仕事…なんて時は GitHub にリポジトリがあれば便利そうです。

知らない人に公開ができる

使う意味としてはこちらが大きいかもしれませんね。知らない人に公開ができる、ということで公開する側にも責任感が産まれますし、意見をもらえれば嬉しいですよね。

物凄いアプリでなくても構わない、ちょっとしたものでも誰かに役立つかもしれません。

また、昨今転職市場では個人の GitHub の履歴を、資格代わりにウォッチしているとも聞きます。

不特定多数への公開なので、間違っても前職で仕事したコードをそのままアップしたりしてはいけません!

ブログでダウンロードとかつけてた私のような人間は GitHub で公開すべき

この1年でいくつかライブラリっぽいものを公開しましたが、今私の手元にあるものとは「バージョンが異なっています」

アップしたライブラリの中には後から不具合を見つけたものも…でも、問題がある度にアップロードしなおすのって結構辛いんですよね…(5 回とかアップしなおしたやつもある。でもまだ問題が出たりする)。

そういう私のような人間は、GitHub で公開、修正したら GitHub に環境をプッシュ、ってした方が絶対イイ!

SVN でいいやと思っていた私も、そんなセコい理由で Git を使い始めました。
よろしくデス。

最後の理由が個人的すぎて引きますが、自分にとっての利がわかっているのであれば、新しい技術・サービスは習得すべき、です☺

GitHub に登録する

ユーザー名・メールアドレス・パスワードを入力してアカウント作成

アカウント情報のメールアドレスにメールが届く

サインイン

サインイン

Create repository

レポジトリ名を入力、外部公開は Public
Create Repository

GitHub に鍵を登録

Windows の検索で「PuTTYgen」を実行します。
Git for Windows をインストールしている必要があります)

Generate

モザイクのかかった部分の文字列はコピーしておいてください(GitHub に登録します)
Key passphrase は入れても入れなくても OK。入れる場合は値を記憶しておくこと(TurtoiseGit で使います)

ppk ファイルを保存。後程 TurtoiseGit で使うので、わかりやすい場所に置いておきます

GitHub にアクセス。右上のアイコンをクリックして Settings

SSH and GPG keys を選択
New SSH key を選択

適当なタイトル名をつける
Key 部分は、先ほど PuTTYgen でコピーした値を入れる
Add SSH key

TurtoiseGit でリポジトリをクローン

URL GitHub のアドレス。https://github.com/[アカウント名]\[レポジトリ名].git になります。
ディレクトリは任意。
Putty 鍵のロードにチェックを入れて、先ほど PuTTYgen で作成したファイルパスを設定

PuTTYgen の鍵作成で Key passphrase を設定した場合、その値を入れる

入力・設定した値が正しければ無事クローニングに成功!

クローニングした後の使い方

ここから先の使い方は、サーバーいらずで TurtoiseGit を使うで紹介した使い方と変わりません。

それでは皆様、快適な GitHub ライフを!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA