TextMeshPro の数字の横幅を合わせる

分かりにくいデザイン数字なので、下に対応表入れておきました

スコアなど表示幅を合わせたい場合が往々にしてありますが、フォントは大抵全ての文字の幅が同じわけではありません。経験則でいうと大抵「1」が極端に細身です。

トップの画像は表示幅を合わせましたが、初期状態だと、

こんな感じで1が多くなるほどずれてしまいます。

が、実はこの表示幅、SDF ファイルのインスペクタで直接調整する事ができます。

  • SDF ファイルを選択してインスペクタを表示
  • 下の方にスクロールして、Glyph Table をクリック
  • 「1」 を探す。

一見入力できなさそうですが、直接テキストエリアをクリックすると、編集できるようになります。

BX が横表示開始位置、AD が全体幅のようです。まずは全体幅を他の数字に合わせます。
(このフォントでは、1以外全て 37.5 でした)
BX は画像のように、下に合わせやすい数字を出しながら合わせるといいでしょう。

AD を 37.5 にしたところ
目分量で BX を合わせる。26.68 でした

フォントによっては「1」だけでなく、他の数字も AD が違うかもしれません。全て 1 番横幅のある数字に合わせましょう。

ほとんどのフォントで 1 番横幅があるのは「8」だと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA