[unity2019]UI/ScrollView を拡張する TableScrollView

以前紹介しましたが、GitHub に上げたので改めて紹介します。
Enhanced 使いたいけど、無料がいい…そんな人に向いています。

UI/ScrollView の強化点

描画処理の高速化(10000行あっても処理が軽い)

表示している範囲のみ描画するようキャッシュしているので、メモリの許す限り行数を増やしても構いません。

キーボード入力も対応(上下左右、ページアップダウン、決定、キャンセル)

サンプル右のようなサブメニューのある構成でもキー入力のみで選択可能です。

細かいオプション

  • センタリング描画
  • スクロールバーのフェード効果
  • 選択した項目が中央に吸着する効果

基本的に UI/ScrollView の拡張なので、元からある機能はそのまま使えます。

使い方

SampleUnity.unity を元にして説明します。

  1. 1行にあたるノード(ScrollView でいう Content に配置する GameObject)オブジェクトを作成します。

NodeSimple が左ビューのノード
NodeMulti が右ビューのノード
NodeSubButton NodeMulti 内のボタン

  1. UI/ScrollViewTableScrollViewer をアタッチします。

SourceNode に 1 で作成したノードを設定します。

  1. スクリプトで、TableScrollViewer にテーブル(クラスリスト等)を設定します。

SetTable() で表示したい内容を設定、アイテムが選択(もしくはキャンセル入力)されると OnSelectVertical() イベントがコール、キー入力が発生すると OnKeyDown() がコールされます。

SimpleScrollViewTest が左ビュー、MultiScrollViewTest が右ビューのコードです。

public class SimpleScrollviewTest : MonoBehaviour
{
    List<object>         viewerList = new List<object>();

    void Awake()
    {
        TableScrollViewer viewer = this.gameObject.GetComponentInChildren<TableScrollViewer>();

        for (int i = 0; i < 16; i++)
        {
           viewerList.Add(i);
        }

        viewer?.Initialize();
        viewer?.SetTable(viewerList.ToArray());
        viewer?.OnSelect.AddListener(OnSelectVertical);
        viewer?.OnKeyDown.AddListener(OnKeyDown);
    }

    public void OnSelectVertical(object[] table, int itemIndex, int subIndex, bool isCancel)
    {
        int row = (int)table[itemIndex];
        Debug.Log($"selected vertical: {row}");
    }

    public void OnKeyDown(TableScrollViewer.KeyDownArgs args)
    {
        if (Input.GetKeyDown(KeyCode.Space) == true)
        {
            args.Flag = TableScrollViewer.eKeyMoveFlag.Select;
        }
        else
        if (Input.GetKeyDown(KeyCode.UpArrow) == true)
        {
            args.Flag = TableScrollViewer.eKeyMoveFlag.Up;
        }
        else
        if (Input.GetKeyDown(KeyCode.DownArrow) == true)
        {
            args.Flag = TableScrollViewer.eKeyMoveFlag.Down;
        }
    }
}

その他、細かい部分については以前の記事をご覧ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA